Acl: insert

Requires authorization 承認が必要

Creates an access control rule. Try it now or see an example. アクセス制御規則を作成します。今すぐ試す、例を見てください

Request要求

HTTP requestHTTPリクエスト

POST https://www.googleapis.com/calendar/v3/calendars/calendarId/acl

Parametersパラメーター

Parameter nameパラメータ名 Value Description説明
Path parametersパスパラメータ
calendarId string Calendar identifier. To retrieve calendar IDs call the calendarList.list method. If you want to access the primary calendar of the currently logged in user, use the "primary" keyword. カレンダーID カレンダーIDを取得するには、calendarList.listメソッドを呼び出します。現在ログインしているユーザーのメインカレンダーにアクセスしたい場合は、primaryキーワード" "を使用してください。
Optional query parametersオプションのクエリパラメータ
sendNotifications boolean Whether to send notifications about the calendar sharing change. Optional. The default is True. カレンダー共有の変更に関する通知を送信するかどうか。オプションです。デフォルトはTrueです。

Authorization承認

This request requires authorization with the following scope (read more about authentication and authorization).この要求には、以下の範囲での承認が必要です(認証と承認についての詳細を読んでください)。

Scope範囲
https://www.googleapis.com/auth/calendar

Request bodyリクエストボディ

In the request body, supply an Acl resource with the following properties:リクエストボディで、次のプロパティを持つAclリソースを指定します。

Property nameプロパティ名 Value Description説明 Notesノート
Required Properties必要なプロパティ
role string The role assigned to the scope. Possible values are:
  • "none" - Provides no access." none" - アクセス権を与えません。
  • "freeBusyReader" - Provides read access to free/busy information." freeBusyReader" - 空き時間情報への読み取りアクセスを提供します。
  • "reader" - Provides read access to the calendar. Private events will appear to users with reader access, but event details will be hidden." reader" - カレンダーへの読み取りアクセスを提供します。非公開の予定は閲覧者アクセス権を持つユーザーに表示されますが、予定の詳細は非表示になります。
  • "writer" - Provides read and write access to the calendar. Private events will appear to users with writer access, and event details will be visible." writer" - カレンダーへの読み書きアクセスを提供します。非公開のイベントは、書き込み権限を持つユーザーに表示され、イベントの詳細が表示されます。
  • "owner" - Provides ownership of the calendar. This role has all of the permissions of the writer role with the additional ability to see and manipulate ACLs." owner" - カレンダーの所有権を提供します。この役割には、ACLを表示および操作するための追加機能を持つ、作成者役割のすべての許可があります。
writable 書き込み可能
scope object The scope of the rule.ルールの範囲
scope.type string The type of the scope. Possible values are:
  • "default" - The public scope. This is the default value." default" - 公開範囲です。これがデフォルト値です。
  • "user" - Limits the scope to a single user." user" - 範囲を1人のユーザーに制限します。
  • "group" - Limits the scope to a group." group" - 範囲をグループに限定します。
  • "domain" - Limits the scope to a domain." domain" - 範囲をドメインに限定します。
Note: The permissions granted to the "default", or public, scope apply to any user, authenticated or not.
Optional Propertiesオプションのプロパティ
scope.value string The email address of a user or group, or the name of a domain, depending on the scope type. Omitted for type "default".スコープの種類に応じて、ユーザーまたはグループの電子メールアドレス、またはドメインの名前。タイプ " default"は省略されています。 writable 書き込み可能

Response応答

If successful, this method returns an Acl resource in the response body.成功した場合、このメソッドはレスポンスボディにAclリソースを返します。

Examples

Note: The code examples available for this method do not represent all supported programming languages (see the client libraries page for a list of supported languages).注:このメソッドで使用可能なコード例は、サポートされているすべてのプログラミング言語を表しているわけではありません(サポートされている言語のリストについては、クライアントライブラリのページ参照してください)。

Java

Uses the Java client library.Javaクライアントライブラリを使用します

import com.google.api.services.calendar.Calendar;
import com.google.api.services.calendar.model.AclRule;
// ...
// Initialize Calendar service with valid OAuth credentials
Calendar service = new Calendar.Builder(httpTransport, jsonFactory, credentials)
    .setApplicationName("applicationName").build();
// Create access rule with associated scope
AclRule rule = new AclRule();
Scope scope = new Scope();
scope.setType("scopeType").setValue("scopeValue");
rule.setScope(scope).setRole("role");
// Insert new access rule
AclRule createdRule = service.acl().insert('primary', rule).execute();
System.out.println(createdRule.getId());

Python

Uses the Python client library.Pythonクライアントライブラリを使用します

rule = {
    'scope': {
        'type': 'scopeType',
        'value': 'scopeEmail',
    },
    'role': 'role'
}
created_rule = service.acl().insert(calendarId='primary', body=rule).execute()
print created_rule['id']

PHP

Uses the PHP client library.PHPクライアントライブラリを使用します

$rule = new Google_Service_Calendar_AclRule();
$scope = new Google_Service_Calendar_AclRuleScope();
$scope->setType("scopeType");
$scope->setValue("scopeValue");
$rule->setScope($scope);
$rule->setRole("role");
$createdRule = $service->acl->insert('primary', $rule);
echo $createdRule->getId();

Rubyルビー

Uses the Ruby client library.Rubyクライアントライブラリを使用します

rule = Google::Apis::CalendarV3::AclRule.new(
  scope: {
    type: 'scopeType',
    value: 'scopeEmail',
  },
  role: 'role'
)
result = client.insert_acl('primary', rule)
print result.id

Try it!それを試してみてください!

Use the APIs Explorer below to call this method on live data and see the response. 以下のAPI Explorerを使用して、ライブデータに対してこのメ??ソッドを呼び出して応答を確認してください。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

サーバの負荷や使用率などを見るコマンドの一覧

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る