Windowsでユーザアカウントを無効にする方法

ユーザアカウントにパスワードをかけて保護しても、ほかの管理者ユーザがパスワードを設定していないと、セキュリティ上あまり意味がありません。 パスワード保護していないユーザでログインして、パスワードのかかっているユーザのパスワードを削除してしまうことができるからです。

そこでセキュリティのため使用していないユーザアカウントは無効にしておくことをおすすめします。

ユーザアカウントを無効にするには、マイコンピュータを右クリックして、管理よりユーザを選択します。


『アカウントを無効にする』にチェックを入れて、『OK』をクリックします。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

document.characterSet

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る