受信メールの<続きあり>とは

Softbankのメールでは、受信をした際に本文が長いと『 <続きあり> 』となり、本文が途中で途切れることがあります。
これはメールが無料通信分の384バイトを超えると起こり、バイト数はメールヘッダーから換算されるため、宛先が複数あったり、件名が長くても途切れることがあります。

また続きありとなった場合には、端末操作で続きを受信することになります。

ここで注意したいのが、メール文中にURLが記載されていたときも、そのURL途中で途切れてしまうことがあり、さらにその途中のURLでもブラウザリンクがつきます。
このURLで開いてしまうと、URLが違うため表示できませんなどとなることが考えられます。

こういったトラブルを防ぐためにSoftbankへメールを送信する場合は、なるべく言いたいことは最初の100文字以内に収まるようにしたほうがいいです。
(通常は本文100文字目くらいで途切れます)

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

window.moveTo

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る