RFC2606 日本語訳

2606 Reserved Top Level DNS Names. D. Eastlake 3rd, A. Panitz. June 1999. (Format: TXT=8008 bytes) (Also BCP0032) (Status: BEST CURRENT PRACTICE)
プログラムでの自動翻訳です。
英語原文

Network Working Group                                     D. Eastlake
Request for Comments: 2606                                  A. Panitz
BCP: 32                                                     June 1999
Category: Best Current Practice

コメントを求めるワーキンググループD.イーストレークの要求をネットワークでつないでください: 2606A.パニツBCP: 6月32日の1999カテゴリ: 最も良い現在の習慣

                      Reserved Top Level DNS Names

予約された最高平らなDNS名

Status of this Memo

このMemoの状態

   This document specifies an Internet Best Current Practices for the
   Internet Community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Distribution of this memo is unlimited.

このドキュメントはインターネット共同体、要求議論、および提案のためのインターネットBest Current Practicesを改良に指定します。 このメモの分配は無制限です。

Copyright Notice

版権情報

   Copyright (C) The Internet Society (1999).  All Rights Reserved.

Copyright(C)インターネット協会(1999)。 All rights reserved。

Abstract

要約

   To reduce the likelihood of conflict and confusion, a few top level
   domain names are reserved for use in private testing, as examples in
   documentation, and the like.  In addition, a few second level domain
   names reserved for use as examples are documented.

闘争と混乱の見込みを減少させるために、いくつかの最上位ドメイン名が個人的なテストにおける使用のために予約されます、ドキュメンテーションの例、および同様のものとして。 さらに、使用のために例として予約されたいくつかのセカンドレベルドメイン名が記録されます。

Table of Contents

目次

   1. Introduction............................................1
   2. TLDs for Testing, & Documentation Examples..............2
   3. Reserved Example Second Level Domain Names..............2
   4. IANA Considerations.....................................3
   5. Security Considerations.................................3
   References.................................................3
   Authors' Addresses.........................................4
   Full Copyright Statement...................................5

1. 序論…1 2. テストするためのTLDs、およびドキュメンテーションの例…2 3. 例のセカンドレベルドメイン名を予約します…2 4. IANA問題…3 5. セキュリティ問題…3つの参照箇所…3人の作者のアドレス…4 完全な著作権宣言文…5

1. Introduction

1. 序論

   The global Internet Domain Name System is documented in [RFC 1034,
   1035, 1591] and numerous additional Requests for Comment.  It defines
   a tree of names starting with root, ".", immediately below which are
   top level domain names such as ".com" and ".us". Below top level
   domain names there are normally additional levels of names.

世界的なインターネットドメインネームシステムはCommentのために[RFC1034、1035、1591]と多数の追加Requestsに記録されます。 「根から始まる名前の木を定義する」、」、どれが".com"などの最上位ドメイン名ですか、そして、すぐに以下の".us"。 通常、そこの以下の最上位ドメイン名は追加レベルの名前です。

Eastlake & Panitz        Best Current Practice                  [Page 1]

RFC 2606              Reserved Top Level DNS Names             June 1999

イーストレークとパニツ最も良い現在の習慣[1ページ]RFC2606は1999年6月に最高平らなDNS名を予約しました。

2. TLDs for Testing, & Documentation Examples

2. テストするためのTLDs、およびドキュメンテーションの例

   There is a need for top level domain (TLD) names that can be used for
   creating names which, without fear of conflicts with current or
   future actual TLD names in the global DNS, can be used for private
   testing of existing DNS related code, examples in documentation, DNS
   related experimentation, invalid DNS names, or other similar uses.

既存のDNS関連するコードの個人的なテスト、ドキュメンテーションの例、DNSの関連する実験、無効のDNS名、または他の同様の用途にグローバルなDNSの現在の、または、将来の実際のTLD名との闘争への恐怖なしで使用できる名前を作成するのに使用できるトップ・レベル・ドメイン(TLD)名の必要があります。

   For example, without guidance, a site might set up some local
   additional unused top level domains for testing of its local DNS code
   and configuration. Later, these TLDs might come into actual use on
   the global Internet.  As a result, local attempts to reference the
   real data in these zones could be thwarted by the local test
   versions.  Or test or example code might be written that accesses a
   TLD that is in use with the thought that the test code would only be
   run in a restricted testbed net or the example never actually run.
   Later, the test code could escape from the testbed or the example be
   actually coded and run on the Internet. Depending on the nature of
   the test or example, it might be best for it to be referencing a TLD
   permanently reserved for such purposes.

例えば、指導がなければ、サイトは、そのローカルのDNSコードと構成をテストするためにいくつかの地方の追加未使用のトップ・レベル・ドメインをセットアップするかもしれません。 その後、これらのTLDsは世界的なインターネットで実際の使用に入るかもしれません。 結果、参照へのこれらのゾーンの本当のデータを阻まれることができるだろう地方の試みとして、地方はバージョンをテストします。 または、テスト・コードが制限されたテストベッドネットか実際に決して実行されなかった例に立候補することにすぎないだろうという考えで使用中のTLDにアクセスするテストか例のコードが書かれているかもしれません。 その後、テスト・コードがテストベッドから逃れるかもしれないか、例は、実際にコード化されて、インターネットで動きます。 テストか例の本質によって、永久にそのような目的のために予約されたTLDに参照をつけているのは最も良いかもしれません。

   To safely satisfy these needs, four domain names are reserved as
   listed and described below.

4つのドメイン名が、安全にこれらの需要を満たすために、記載されているように予約されて、以下で説明されます。

                   .test
                .example
                .invalid
              .localhost

.test .example .invalid .localhost

      ".test" is recommended for use in testing of current or new DNS
      related code.

".test"が電流をテストすることにおける使用のために推薦されたか、または新しいDNSはコードを関係づけました。

      ".example" is recommended for use in documentation or as examples.

".example"はドキュメンテーションか例として使用のために推薦されます。

      ".invalid" is intended for use in online construction of domain
      names that are sure to be invalid and which it is obvious at a
      glance are invalid.

".invalid"はそれが無効であることを確信していて、一目で無効であることが明白であるドメイン名のオンライン構造における使用のために意図します。

      The ".localhost" TLD has traditionally been statically defined in
      host DNS implementations as having an A record pointing to the
      loop back IP address and is reserved for such use.  Any other use
      would conflict with widely deployed code which assumes this use.

".localhost"TLDはホストDNS実装でAをループバックIPアドレスを示しながら記録させると伝統的に静的に定義されて、そのような使用のために予約されます。 いかなる他の使用もこの使用を仮定する広く配布しているコードと衝突するでしょう。

3. Reserved Example Second Level Domain Names

3. 予約された例のセカンドレベルドメイン名

   The Internet Assigned Numbers Authority (IANA) also currently has the
   following second level domain names reserved which can be used as
   examples.

また、インターネットAssigned民数記Authority(IANA)には、現在、名前が予約した例として使用できる以下のセカンドレベルドメインがあります。

Eastlake & Panitz        Best Current Practice                  [Page 2]

RFC 2606              Reserved Top Level DNS Names             June 1999

イーストレークとパニツ最も良い現在の習慣[2ページ]RFC2606は1999年6月に最高平らなDNS名を予約しました。

        example.com
        example.net
        example.org

example.com example.net example.org

4. IANA Considerations

4. IANA問題

   IANA has agreed to the four top level domain name reservations
   specified in this document and will reserve them for the uses
   indicated.

IANAは、予約が本書では指定して、示された用途のためにそれらを予約するのに4最上位ドメイン名に同意しました。

5. Security Considerations

5. セキュリティ問題

   Confusion and conflict can be caused by the use of a current or
   future top level domain name in experimentation or testing, as an
   example in documentation, to indicate invalid names, or as a synonym
   for the loop back address.  Test and experimental software can escape
   and end up being run against the global operational DNS.  Even
   examples used "only" in documentation can end up being coded and
   released or cause conflicts due to later real use and the possible
   acquisition of intellectual property rights in such "example" names.

混乱と闘争は、実験における現在の、または、将来の最上位ドメイン名の使用で引き起こされるか、または無効の名前を示すか、またはループバックアドレスのための同義語としてテストするためにドキュメンテーションの例としてテストされることができます。 テストと実験用ソフトウェアは、逃げて、結局、グローバルな操作上のDNSに対して実行できます。 ドキュメンテーションだけで使用される例さえ、コード化されて、結局、リリースされる場合があるか、またはそのような「例」名における、後の本当の使用と知的所有権の可能な獲得による闘争を引き起こす場合があります。

   The reservation of several top level domain names for these purposes
   will minimize such confusion and conflict.

いくつかの最上位ドメイン名のこれらの目的の予約はそのような混乱と闘争を最小にするでしょう。

References

参照

   [RFC 1034] Mockapetris, P., "Domain names - concepts and facilities",
              STD 13, RFC 1034, November 1987.

Mockapetris、[RFC1034]P.、「ドメイン名--、概念と施設、」、STD13、RFC1034、11月1987日

   [RFC 1035] Mockapetris, P., "Domain names - implementation and
              specification", STD 13, RFC 1035, November 1987.

Mockapetris、[RFC1035]P.、「ドメイン名--、実装と仕様、」、STD13、RFC1035、11月1987日

   [RFC 1591] Postel, J., "Domain Name System Structure and Delegation",
              RFC 1591, March 1994.

[RFC1591] ポステルと、J.と、「ドメインネームシステム構造と委譲」(RFC1591)は1994を行進させます。

Eastlake & Panitz        Best Current Practice                  [Page 3]

RFC 2606              Reserved Top Level DNS Names             June 1999

イーストレークとパニツ最も良い現在の習慣[3ページ]RFC2606は1999年6月に最高平らなDNS名を予約しました。

Authors' Addresses

作者のアドレス

   Donald E. Eastlake 3rd
   IBM
   65 Shindegan Hill Road, RR #1
   Carmel, NY 10512

IBM65ShindeganヒルRoad、カーメル、ドナルドE.イーストレーク第3RR#1ニューヨーク 10512

   Phone: +1 914-276-1668(h)
          +1 914-784-7913(w)
   FAX:   +1 914-784-3833(3)
   EMail: dee3@us.ibm.com

以下に電話をしてください。 +1 914-276-1668 (h) +1 914-784-7913 (w) ファックスで以下を送ってください。 +1 914-784-3833 (3) メールしてください: dee3@us.ibm.com

   Aliza R. Panitz
   500 Stamford Dr. No. 310
   Newark, DE 19711 USA

No.310 ニューアーク、Aliza R.パニツ500スタンフォードDE19711米国博士

   Phone: +1 302-738-1554
   EMail: buglady@fuschia.net

以下に電話をしてください。 +1 302-738-1554 メールしてください: buglady@fuschia.net

Eastlake & Panitz        Best Current Practice                  [Page 4]

RFC 2606              Reserved Top Level DNS Names             June 1999

イーストレークとパニツ最も良い現在の習慣[4ページ]RFC2606は1999年6月に最高平らなDNS名を予約しました。

Full Copyright Statement

完全な著作権宣言文

   Copyright (C) The Internet Society (1999).  All Rights Reserved.

Copyright(C)インターネット協会(1999)。 All rights reserved。

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.

それに関するこのドキュメントと翻訳は、コピーして、それが批評するか、またはそうでなければわかる他のもの、および派生している作品に提供するか、または準備されているかもしれなくて、コピーされて、発行されて、全体か一部分配された実装を助けるかもしれません、どんな種類の制限なしでも、上の版権情報とこのパラグラフがそのようなすべてのコピーと派生している作品の上に含まれていれば。 しかしながら、このドキュメント自体は何らかの方法で変更されないかもしれません、インターネット協会か他のインターネット組織の版権情報か参照を取り除くのなどように、それを英語以外の言語に翻訳するのが著作権のための手順がインターネットStandardsプロセスで定義したどのケースに従わなければならないか、必要に応じてさもなければ、インターネット標準を開発する目的に必要であるのを除いて。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上に承諾された限られた許容は、永久であり、インターネット協会、後継者または案配によって取り消されないでしょう。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

このドキュメントとそして、「そのままで」という基礎とインターネットの振興発展を目的とする組織に、インターネット・エンジニアリング・タスク・フォースが速達の、または、暗示しているすべての保証を放棄するかどうかというここにことであり、他を含んでいて、含まれて、情報の使用がここに侵害しないどんな保証も少しもまっすぐになるという情報か市場性か特定目的への適合性のどんな黙示的な保証。

Acknowledgement

承認

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。

Eastlake & Panitz        Best Current Practice                  [Page 5]

イーストレークとパニツBest現在の習慣[5ページ]

スポンサーリンク

一覧

 RFC 1〜100  RFC 1401〜1500  RFC 2801〜2900  RFC 4201〜4300 
 RFC 101〜200  RFC 1501〜1600  RFC 2901〜3000  RFC 4301〜4400 
 RFC 201〜300  RFC 1601〜1700  RFC 3001〜3100  RFC 4401〜4500 
 RFC 301〜400  RFC 1701〜1800  RFC 3101〜3200  RFC 4501〜4600 
 RFC 401〜500  RFC 1801〜1900  RFC 3201〜3300  RFC 4601〜4700 
 RFC 501〜600  RFC 1901〜2000  RFC 3301〜3400  RFC 4701〜4800 
 RFC 601〜700  RFC 2001〜2100  RFC 3401〜3500  RFC 4801〜4900 
 RFC 701〜800  RFC 2101〜2200  RFC 3501〜3600  RFC 4901〜5000 
 RFC 801〜900  RFC 2201〜2300  RFC 3601〜3700  RFC 5001〜5100 
 RFC 901〜1000  RFC 2301〜2400  RFC 3701〜3800  RFC 5101〜5200 
 RFC 1001〜1100  RFC 2401〜2500  RFC 3801〜3900  RFC 5201〜5300 
 RFC 1101〜1200  RFC 2501〜2600  RFC 3901〜4000  RFC 5301〜5400 
 RFC 1201〜1300  RFC 2601〜2700  RFC 4001〜4100  RFC 5401〜5500 
 RFC 1301〜1400  RFC 2701〜2800  RFC 4101〜4200 

スポンサーリンク

-moz-outline-width アウトラインの幅を指定する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る