RFC1112 日本語訳

1112 Host extensions for IP multicasting. S.E. Deering. August 1989. (Format: TXT=39904 bytes) (Obsoletes RFC0988, RFC1054) (Updated by RFC2236) (Also STD0005) (Status: STANDARD)
プログラムでの自動翻訳です。
RFC一覧
英語原文

Network Working Group                                        S. Deering
Request for Comments: 1112                          Stanford University
Obsoletes: RFCs 988, 1054                                   August 1989

コメントを求めるワーキンググループS.デアリングの要求をネットワークでつないでください: 1112 スタンフォード大学は以下を時代遅れにします。 RFCs988、1054 1989年8月

                  Host Extensions for IP Multicasting

IPマルチキャスティングのためのホスト拡大

1. STATUS OF THIS MEMO

1. このメモの状態

   This memo specifies the extensions required of a host implementation
   of the Internet Protocol (IP) to support multicasting.  It is the
   recommended standard for IP multicasting in the Internet.
   Distribution of this memo is unlimited.

このメモはマルチキャスティングをサポートするのにインターネットプロトコル(IP)のホスト導入について必要である拡大を指定します。 それはインターネットのIPマルチキャスティングのお勧めの規格です。 このメモの分配は無制限です。

2. INTRODUCTION

2. 序論

   IP multicasting is the transmission of an IP datagram to a "host
   group", a set of zero or more hosts identified by a single IP
   destination address.  A multicast datagram is delivered to all
   members of its destination host group with the same "best-efforts"
   reliability as regular unicast IP datagrams, i.e., the datagram is
   not guaranteed to arrive intact at all members of the destination
   group or in the same order relative to other datagrams.

IPマルチキャスティングは「ホストグループ」へのIPデータグラムのトランスミッションであり、ゼロか以上のセットはただ一つの受信者IPアドレスによって特定されたホストです。 マルチキャストデータグラムは通常のユニキャストIPデータグラムとして同じ「最善の努力」の信頼性であて先ホストグループのすべてのメンバーに提供されます、すなわち、データグラムは、他のデータグラムに比例して目的地グループのすべてのメンバーにおいて、または、同次で完全な状態で到着するように保証されません。

   The membership of a host group is dynamic; that is, hosts may join
   and leave groups at any time.  There is no restriction on the
   location or number of members in a host group.  A host may be a
   member of more than one group at a time.  A host need not be a member
   of a group to send datagrams to it.

ホストグループの会員資格はダイナミックです。 すなわち、ホストは、いつでも、グループに加わって、出るかもしれません。 制限が全くホストグループにおける位置か会員数にありません。 一度に、ホストは1つ以上のグループのメンバーであるかもしれません。 ホストはデータグラムをそれに送るグループのメンバーである必要はありません。

   A host group may be permanent or transient.  A permanent group has a
   well-known, administratively assigned IP address.  It is the address,
   not the membership of the group, that is permanent; at any time a
   permanent group may have any number of members, even zero.  Those IP
   multicast addresses that are not reserved for permanent groups are
   available for dynamic assignment to transient groups which exist only
   as long as they have members.

ホストグループは、永久的であるか、または一時的であるかもしれません。 永久的なグループには、よく知られて、行政上割り当てられたIPアドレスがあります。 それはグループの会員資格ではなく、永久的なアドレスです。 いつでも、永久的なグループには、どんな会員数、同等のゼロもあるかもしれません。 永久的なグループのために予約されないそれらのIPマルチキャストアドレスは単にそれらにメンバーがいる限り、存在する一時的なグループへのダイナミックな課題に利用可能です。

   Internetwork forwarding of IP multicast datagrams is handled by
   "multicast routers" which may be co-resident with, or separate from,
   internet gateways.  A host transmits an IP multicast datagram as a
   local network multicast which reaches all immediately-neighboring
   members of the destination host group.  If the datagram has an IP
   time-to-live greater than 1, the multicast router(s) attached to the
   local network take responsibility for forwarding it towards all other
   networks that have members of the destination group.  On those other
   member networks that are reachable within the IP time-to-live, an
   attached multicast router completes delivery by transmitting the

IPマルチキャストデータグラムのインターネットワーク推進がコレジデントであるかもしれない「マルチキャストルータ」によって扱われる、別々である、インターネットゲートウェイ。 ホストはあて先ホストグループのすべてのすぐに隣接しているメンバーに届く企業内情報通信網マルチキャストとしてIPマルチキャストデータグラムを送ります。 生きるIP時間がデータグラムで1よりすばらしくなるなら、企業内情報通信網に付けられたマルチキャストルータは目的地グループのメンバーがいる他のすべてのネットワークに向かってそれを送るのに責任を取ります。 それらの他の生きるIP時中に届いているメンバーネットワークに、付属マルチキャストルータは、伝わることによって、荷受けを完了します。

Deering                                                         [Page 1]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[1ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   datagram as a local multicast.

地方のマルチキャストとしてのデータグラム。

   This memo specifies the extensions required of a host IP
   implementation to support IP multicasting, where a "host" is any
   internet host or gateway other than those acting as multicast
   routers.  The algorithms and protocols used within and between
   multicast routers are transparent to hosts and will be specified in
   separate documents.  This memo also does not specify how local
   network multicasting is accomplished for all types of network,
   although it does specify the required service interface to an
   arbitrary local network and gives an Ethernet specification as an
   example.  Specifications for other types of network will be the
   subject of future memos.

このメモはIPマルチキャスティングをサポートするのにホストIP実装について必要である拡大を指定します、それらが行動するのを除いて、「ホスト」がマルチキャストルータとしてあらゆるインターネットホストやゲートウェイであるところで。 ルータ以内とマルチキャストルータの間で使用されるアルゴリズムとプロトコルは、ホストにとって透明であり、別々のドキュメントで指定されるでしょう。 このメモも企業内情報通信網マルチキャスティングがすべてのタイプのネットワークのためにどう達成されるかを指定しません、必要なサービスインタフェースを任意の企業内情報通信網に指定して、例として仕様をイーサネットに与えますが。 他のタイプのネットワークのための仕様は将来のメモの対象になるでしょう。

3. LEVELS OF CONFORMANCE

3. 順応のレベル

   There are three levels of conformance to this specification:

この仕様への順応の3つのレベルがあります:

      Level 0: no support for IP multicasting.

レベル0: IPマルチキャスティングのサポートがありません。

   There is, at this time, no requirement that all IP implementations
   support IP multicasting.  Level 0 hosts will, in general, be
   unaffected by multicast activity.  The only exception arises on some
   types of local network, where the presence of level 1 or 2 hosts may
   cause misdelivery of multicast IP datagrams to level 0 hosts.  Such
   datagrams can easily be identified by the presence of a class D IP
   address in their destination address field; they should be quietly
   discarded by hosts that do not support IP multicasting.  Class D
   addresses are described in section 4 of this memo.

このとき、すべてのIP実装がIPマルチキャスティングをサポートするという要件が全くありません。 レベル0 一般に、ホストはマルチキャスト活動で影響を受けなくなるでしょう。 唯一の例外が何人かのタイプの企業内情報通信網に起こります。そこでは、レベル1か2 ホストの存在がマルチキャストIPデータグラムの配達ミスに0人のホストを平らにさせるかもしれません。 それらの目的地アドレス・フィールドでのクラスD IPアドレスの存在は容易にそのようなデータグラムを特定できます。 それらはIPマルチキャスティングをサポートしないホストによって静かに捨てられるべきです。 クラスDアドレスはこのメモのセクション4で説明されます。

      Level 1: support for sending but not receiving multicast IP
      datagrams.

レベル1: マルチキャストを発信しますが、受けないように、IPがデータグラムであるとサポートしてください。

   Level 1 allows a host to partake of some multicast-based services,
   such as resource location or status reporting, but it does not allow
   a host to join any host groups.  An IP implementation may be upgraded
   from level 0 to level 1 very easily and with little new code.  Only
   sections 4, 5, and 6 of this memo are applicable to level 1
   implementations.

ホストはレベル1でリソース位置か状態報告などのいくつかのマルチキャストベースのサービスを相伴できますが、それで、ホストはどんなホストグループにも加わることができません。 IP実装は非常に簡単と少ない新法でレベル0からレベル1までアップグレードするかもしれません。 このメモのセクション4、5、および6だけがレベル1 実装に適切です。

      Level 2: full support for IP multicasting.

レベル2: IPマルチキャスティングの全面的な支援。

   Level 2 allows a host to join and leave host groups, as well as send
   IP datagrams to host groups.  It requires implementation of the
   Internet Group Management Protocol (IGMP) and extension of the IP and
   local network service interfaces within the host.  All of the
   following sections of this memo are applicable to level 2
   implementations.

レベル2で、ホストは、加わって、グループをホストにやめて、IPデータグラムをホストグループに送ります。 それはホストの中でインターネットGroup Managementプロトコル(IGMP)の実装とIPと企業内情報通信網サービスインタフェースの拡大を必要とします。 このメモの以下のセクションのすべてがレベル2 実装に適切です。

Deering                                                         [Page 2]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[2ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

4. HOST GROUP ADDRESSES

4. ホストグループアドレス

   Host groups are identified by class D IP addresses, i.e., those with
   "1110" as their high-order four bits.  Class E IP addresses, i.e.,
   those with "1111" as their high-order four bits, are reserved for
   future addressing modes.

ホストグループはすなわち、クラスD IPアドレス、それらの高位4ビットとしての「1110」があるものによって特定されます。 クラスE IPアドレス(すなわち、それらの高位4ビットとしての「1111」があるそれら)は将来のアドレッシング・モードのために予約されます。

   In Internet standard "dotted decimal" notation, host group addresses
   range from 224.0.0.0 to 239.255.255.255.  The address 224.0.0.0 is
   guaranteed not to be assigned to any group, and 224.0.0.1 is assigned
   to the permanent group of all IP hosts (including gateways).  This is
   used to address all multicast hosts on the directly connected
   network.  There is no multicast address (or any other IP address) for
   all hosts on the total Internet.  The addresses of other well-known,
   permanent groups are to be published in "Assigned Numbers".

インターネット標準「ドット付き10進法」記法で、ホストグループは、224.0からの範囲が.0であると.0〜239.255に扱います。.255 .255。 アドレス、224.0、.0、.0、どんなグループ、および224.0にも配属されないように、.1が割り当てられる.0がパーマに分類されるのがすべてのIPホスト(ゲートウェイを含んでいます)に保証されます。 これは、直接接続されたネットワークですべてのマルチキャストがホストであると扱うのに使用されます。 すべてのホストのためのマルチキャストアドレス(または、いかなる他のIPアドレスも)が全く総インターネットにありません。 他のよく知られて、永久的なグループのアドレスは「規定番号」で発行されることです。

   Appendix II contains some background discussion of several issues
   related to host group addresses.

付録IIはホストグループアドレスに関連するいくつかの問題の何らかのバックグラウンド議論を含んでいます。

Deering                                                         [Page 3]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[3ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

5. MODEL OF A HOST IP IMPLEMENTATION

5. ホストIP実装のモデル

   The multicast extensions to a host IP implementation are specified in
   terms of the layered model illustrated below.  In this model, ICMP
   and (for level 2 hosts) IGMP are considered to be implemented within
   the IP module, and the mapping of IP addresses to local network
   addresses is considered to be the responsibility of local network
   modules.  This model is for expository purposes only, and should not
   be construed as constraining an actual implementation.

ホストIP実装へのマルチキャスト拡大は以下で例証された層にされたモデルで指定されます。 このモデルでは、IPモジュールの中でICMPと(レベル2 ホストのための)IGMPが実装されると考えられて、企業内情報通信網アドレスへのIPアドレスに関するマッピングは企業内情報通信網モジュールの責任であると考えられます。 このモデルは解説の目的だけのためにあって、実際の実装を抑制するのに理解するべきではありません。

         |                                                          |
         |              Upper-Layer Protocol Modules                |
         |__________________________________________________________|

| | | 上側の層のプロトコルモジュール| |__________________________________________________________|

      --------------------- IP Service Interface -----------------------
          __________________________________________________________
         |                            |              |              |
         |                            |     ICMP     |     IGMP     |
         |             IP             |______________|______________|
         |           Module                                         |
         |                                                          |
         |__________________________________________________________|

--------------------- IPサービスインタフェース----------------------- __________________________________________________________ | | | | | | ICMP| IGMP| | IP|______________|______________| | モジュール| | | |__________________________________________________________|

      ---------------- Local Network Service Interface -----------------
          __________________________________________________________
         |                            |                             |
         |           Local            | IP-to-local address mapping |
         |          Network           |         (e.g., ARP)         |
         |          Modules           |_____________________________|
         |      (e.g., Ethernet)                                    |
         |                                                          |

---------------- 企業内情報通信網サービスインタフェース----------------- __________________________________________________________ | | | | ローカル| IPからローカルアドレスへのマッピング| | ネットワーク| (例えば、ARP) | | モジュール|_____________________________| | (例えば、イーサネット) | | |

   To provide level 1 multicasting, a host IP implementation must
   support the transmission of multicast IP datagrams.  To provide level
   2 multicasting, a host must also support the reception of multicast
   IP datagrams.  Each of these two new services is described in a
   separate section, below.  For each service, extensions are specified
   for the IP service interface, the IP module, the local network
   service interface, and an Ethernet local network module.  Extensions
   to local network modules other than Ethernet are mentioned briefly,
   but are not specified in detail.

マルチキャスティング、ホストIP実装をレベル1に提供するのはマルチキャストIPデータグラムのトランスミッションをサポートしなければなりません。また、マルチキャスティング、ホストをレベル2に提供するのはマルチキャストIPデータグラムのレセプションをサポートしなければなりません。それぞれのこれらの2つの新種業務が下の別々のセクションで説明されます。 各サービスとして、拡大はIPサービスインタフェース、IPモジュール、企業内情報通信網サービスインタフェース、およびイーサネット企業内情報通信網モジュールに指定されます。 イーサネット以外の企業内情報通信網モジュールへの拡大は、簡潔に言及されますが、詳細に指定されません。

Deering                                                         [Page 4]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[4ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

6. SENDING MULTICAST IP DATAGRAMS

6. 送付マルチキャストIPデータグラム

6.1. Extensions to the IP Service Interface

6.1. IPサービスインタフェースへの拡大

   Multicast IP datagrams are sent using the same "Send IP" operation
   used to send unicast IP datagrams; an upper-layer protocol module
   merely specifies an IP host group address, rather than an individual
   IP address, as the destination.  However, a number of extensions may
   be necessary or desirable.

マルチキャストIPデータグラムに同じ操作が以前はよく送った「IPを送ってください」ユニキャストIPデータグラムを使用させます。 上側の層のプロトコルモジュールは目的地として単に個々のIPアドレスよりむしろIPホストグループアドレスを指定します。 しかしながら、多くの拡大が、必要であるか、または望ましいかもしれません。

   First, the service interface should provide a way for the upper-layer
   protocol to specify the IP time-to-live of an outgoing multicast
   datagram, if such a capability does not already exist.  If the
   upper-layer protocol chooses not to specify a time-to-live, it should
   default to 1 for all multicast IP datagrams, so that an explicit
   choice is required to multicast beyond a single network.

まず最初に、サービスインタフェースは上側の層のプロトコルが出発しているマルチキャストデータグラムについて生きるIP時間を指定する方法を提供するべきです、そのような能力が既に存在していないなら。 上側の層のプロトコルが、生きる時間を指定しないのを選ぶなら、すべてのマルチキャストIPデータグラムのために1をデフォルトとするべきです、明白な選択がただ一つのネットワークを超えてマルチキャストに必要であるように。

   Second, for hosts that may be attached to more than one network, the
   service interface should provide a way for the upper-layer protocol
   to identify which network interface is be used for the multicast
   transmission.  Only one interface is used for the initial
   transmission; multicast routers are responsible for forwarding to any
   other networks, if necessary.  If the upper-layer protocol chooses
   not to identify an outgoing interface, a default interface should be
   used, preferably under the control of system management.

2番目に、1つ以上のネットワークに配属されるかもしれないホストのために、サービスインタフェースは上側の層のプロトコルがどのネットワーク・インターフェースがあることであるかをマルチキャスト送信において使用されていた状態で特定する方法を提供するべきです。 1つのインタフェースだけが初期のトランスミッションに使用されます。 必要なら、マルチキャストルータはいかなる他のネットワークへの推進にも原因となります。 上側の層のプロトコルが、外向的なインタフェースを特定しないのを選ぶなら、デフォルトインタフェースは使用されるべきです、望ましくはシステム管理のコントロールの下で。

   Third (level 2 implementations only), for the case in which the host
   is itself a member of a group to which a datagram is being sent, the
   service interface should provide a way for the upper-layer protocol
   to inhibit local delivery of the datagram; by default, a copy of the
   datagram is looped back.  This is a performance optimization for
   upper-layer protocols that restrict the membership of a group to one
   process per host (such as a routing protocol), or that handle
   loopback of group communication at a higher layer (such as a
   multicast transport protocol).

3(レベル2 実装専用)番目、ホストがそれ自体でデータグラムが送られるグループのメンバーである場合のために、サービスインタフェースは上側の層のプロトコルがデータグラムの地方の配送を抑制する方法を提供するべきです。 デフォルトで、データグラムのコピーは輪にし返されます。 これはグループの会員資格をホスト(ルーティング・プロトコルなどの)あたり1つのプロセスに制限するか、または、より高い層(マルチキャストトランスポート・プロトコルなどの)でグループコミュニケーションのループバックを扱う上側の層のプロトコルのためのパフォーマンスの最適化です。

6.2. Extensions to the IP Module

6.2. IPモジュールへの拡大

   To support the sending of multicast IP datagrams, the IP module must
   be extended to recognize IP host group addresses when routing
   outgoing datagrams.  Most IP implementations include the following
   logic:

マルチキャストIPデータグラムの発信をサポートするなら、発信データグラムを発送するとき、IPホストグループアドレスを認識するためにIPモジュールを広げなければなりません。ほとんどのIP実装が以下の論理を含んでいます:

        if IP-destination is on the same local network,
           send datagram locally to IP-destination
        else
           send datagram locally to GatewayTo( IP-destination )

IP-目的地が同じ企業内情報通信網にあるなら、ほかに局所的にIP-目的地にデータグラムを送ってください、局所的にデータグラムをGatewayToに送ってください。(IP-目的地)

Deering                                                         [Page 5]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[5ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   To allow multicast transmissions, the routing logic must be changed
   to:

マルチキャスト送信を許すなら、以下のことのためにルーティング論理を変えなければなりません。

        if IP-destination is on the same local network
        or IP-destination is a host group,
           send datagram locally to IP-destination
        else
           send datagram locally to GatewayTo( IP-destination )

IP-目的地が同じ企業内情報通信網にあるか、IP-目的地がホストグループであるなら、ほかに局所的にIP-目的地にデータグラムを送ってください、局所的にデータグラムをGatewayToに送ってください。(IP-目的地)

   If the sending host is itself a member of the destination group on
   the outgoing interface, a copy of the outgoing datagram must be
   looped-back for local delivery, unless inhibited by the sender.
   (Level 2 implementations only.)

送付ホストがそれ自体で外向的なインタフェースに関する目的地グループのメンバーであるなら、地方の配送のために-逆で発信データグラムのコピーを輪にしなければなりません、送付者によって禁止されない場合。 (2つの実装だけを平らにしてください。)

   The IP source address of the outgoing datagram must be one of the
   individual addresses corresponding to the outgoing interface.

発信データグラムのIPソースアドレスは外向的なインタフェースに対応する個々のアドレスの1つであるに違いありません。

   A host group address must never be placed in the source address field
   or anywhere in a source route or record route option of an outgoing
   IP datagram.

ホストグループアドレスは、ソースアドレス・フィールドか送信元経路でどこでも置かれてはいけませんし、出発しているIPデータグラムのルートオプションを決して記録してはいけません。

6.3. Extensions to the Local Network Service Interface

6.3. 企業内情報通信網サービスインタフェースへの拡大

   No change to the local network service interface is required to
   support the sending of multicast IP datagrams.  The IP module merely
   specifies an IP host group destination, rather than an individual IP
   destination, when it invokes the existing "Send Local" operation.

企業内情報通信網サービスインタフェースへの変化は全くマルチキャストIPデータグラムの発信をサポートする必要はありません。IPモジュールは単に個々のIPの目的地よりむしろIPホストグループの目的地を指定します、「地方で、発信してください」既存の操作を呼び出すとき。

6.4. Extensions to an Ethernet Local Network Module

6.4. イーサネット企業内情報通信網モジュールへの拡大

   The Ethernet directly supports the sending of local multicast packets
   by allowing multicast addresses in the destination field of Ethernet
   packets.  All that is needed to support the sending of multicast IP
   datagrams is a procedure for mapping IP host group addresses to
   Ethernet multicast addresses.

イーサネットは、イーサネットパケットのあて先フィールドにマルチキャストアドレスを許容することによって、直接地方のマルチキャストパケットの発信をサポートします。 マルチキャストIPデータグラムの発信をサポートするのに必要であるのは、IPホストグループアドレスをイーサネットマルチキャストアドレスに写像するための手順だけです。

   An IP host group address is mapped to an Ethernet multicast address
   by placing the low-order 23-bits of the IP address into the low-order
   23 bits of the Ethernet multicast address 01-00-5E-00-00-00 (hex).
   Because there are 28 significant bits in an IP host group address,
   more than one host group address may map to the same Ethernet
   multicast address.

IPホストグループアドレスはIP入賞するのによる下位の23ビットがイーサネットマルチキャストアドレス01-00-5E00-00-00(魔法をかける)の下位の23ビットに扱うイーサネットマルチキャストアドレスに写像されます。 重要な28ビットがIPホストにあるので、アドレスを分類してください、アドレスが同じイーサネットマルチキャストアドレスに写像するかもしれない1つ以上のホストグループ。

6.5. Extensions to Local Network Modules other than Ethernet

6.5. イーサネット以外のLocal Network Modulesへの拡大

   Other networks that directly support multicasting, such as rings or
   buses conforming to the IEEE 802.2 standard, may be handled the same

直接マルチキャスティングをサポートするIEEE802.2規格に一致しているリングかバスなどの他のネットワークは同じように扱われるかもしれません。

Deering                                                         [Page 6]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[6ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   way as Ethernet for the purpose of sending multicast IP datagrams.
   For a network that supports broadcast but not multicast, such as the
   Experimental Ethernet, all IP host group addresses may be mapped to a
   single local broadcast address (at the cost of increased overhead on
   all local hosts).  For a point-to-point link joining two hosts (or a
   host and a multicast router), multicasts should be transmitted
   exactly like unicasts.  For a store-and-forward network like the
   ARPANET or a public X.25 network, all IP host group addresses might
   be mapped to the well-known local address of an IP multicast router;
   a router on such a network would take responsibility for completing
   multicast delivery within the network as well as among networks.

目的のためのずっとイーサネット、送付マルチキャストIPデータグラムExperimentalイーサネットなどのマルチキャストではなく、サポートが放送するネットワークにおいて、すべてのIPホストグループアドレスがただ一つのローカル放送アドレス(すべてのローカル・ホストの上の増強されたオーバーヘッドの費用における)に写像されるかもしれません。 2人のホスト(または、ホストとマルチキャストルータ)に加わるポイントツーポイント接続に関しては、マルチキャストはちょうどユニキャストのように伝えられるべきです。 アルパネットや公立のX.25ネットワークのような店とフォワードネットワークにおいて、すべてのIPホストグループアドレスがIPマルチキャストルータのよく知られるローカルアドレスに写像されるかもしれません。 そのようなネットワークのルータはネットワークの中でマルチキャスト配送を終了して、ネットワークに責任を取るでしょう。

7. RECEIVING MULTICAST IP DATAGRAMS

7. マルチキャストIPデータグラムを受けます。

7.1. Extensions to the IP Service Interface

7.1. IPサービスインタフェースへの拡大

   Incoming multicast IP datagrams are received by upper-layer protocol
   modules using the same "Receive IP" operation as normal, unicast
   datagrams.  Selection of a destination upper-layer protocol is based
   on the protocol field in the IP header, regardless of the destination
   IP address.  However, before any datagrams destined to a particular
   group can be received, an upper-layer protocol must ask the IP module
   to join that group.  Thus, the IP service interface must be extended
   to provide two new operations:

「IPを受けてください」という通常の同じ同じくらい操作を使用しながら、上側の層のプロトコルモジュールで入って来るマルチキャストIPデータグラムを受け取ります、ユニキャストデータグラム。目的地上側の層のプロトコルの選択はIPヘッダーのプロトコル分野に基づいています、送付先IPアドレスにかかわらず。 しかしながら、特定のグループに運命づけられたどんなデータグラムも受け取ることができる前に上側の層のプロトコルは、そのグループに加わるようにIPモジュールに頼まなければなりません。 したがって、2つの新しい操作を提供するためにIPサービスインタフェースを広げなければなりません:

                 JoinHostGroup  ( group-address, interface )

JoinHostGroup(グループアドレス、インタフェース)

                 LeaveHostGroup ( group-address, interface )

LeaveHostGroup(グループアドレス、インタフェース)

   The JoinHostGroup operation requests that this host become a member
   of the host group identified by "group-address" on the given network
   interface.  The LeaveGroup operation requests that this host give up
   its membership in the host group identified by "group-address" on the
   given network interface.  The interface argument may be omitted on
   hosts that support only one interface.  For hosts that may be
   attached to more than one network, the upper-layer protocol may
   choose to leave the interface unspecified, in which case the request
   will apply to the default interface for sending multicast datagrams
   (see section 6.1).

このホストが与えられたネットワークに関する「グループアドレス」によって特定されたホストグループのメンバーになるというJoinHostGroup操作要求は連結します。 このホストが与えられたネットワークに関する「グループアドレス」によって特定されたホストグループで会員資格をあきらめるというLeaveGroup操作要求は連結します。 インタフェース議論は1つのインタフェースだけをサポートするホストで省略されるかもしれません。 1つ以上のネットワークに配属されるかもしれないホストのために、上側の層のプロトコルは、インタフェースを不特定のままにするのを選ぶかもしれません、その場合、要求が送付マルチキャストデータグラムのためにデフォルトインタフェースに申し込まれるでしょう(セクション6.1を見てください)。

   It is permissible to join the same group on more than one interface,
   in which case duplicate multicast datagrams may be received.  It is
   also permissible for more than one upper-layer protocol to request
   membership in the same group.

1つ以上のインタフェースに関する同じグループに加わるのが許されている、その場合、写しマルチキャストデータグラムを受け取るかもしれません。 また、1つ以上の上側の層のプロトコルが同じグループで会員資格を要求するのも、許されています。

   Both operations should return immediately (i.e., they are non-
   blocking operations), indicating success or failure.  Either
   operation may fail due to an invalid group address or interface

成否を示して、両方の操作はすぐに(すなわち、それらはブロッキングの非操作である)、戻るべきです。 操作は無効のグループアドレスかインタフェースのため失敗するかもしれません。

Deering                                                         [Page 7]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[7ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   identifier.  JoinHostGroup may fail due to lack of local resources.
   LeaveHostGroup may fail because the host does not belong to the given
   group on the given interface.  LeaveHostGroup may succeed, but the
   membership persist, if more than one upper-layer protocol has
   requested membership in the same group.

識別子。 JoinHostGroupはローカル資源の不足のため失敗するかもしれません。 ホストが与えられたインタフェースに関する与えられたグループに属さないので、LeaveHostGroupは失敗するかもしれません。 LeaveHostGroupは成功するかもしれませんが、1つ以上の上側の層のプロトコルが同じグループで会員資格を要求したなら、会員資格は持続しています。

7.2. Extensions to the IP Module

7.2. IPモジュールへの拡大

   To support the reception of multicast IP datagrams, the IP module
   must be extended to maintain a list of host group memberships
   associated with each network interface.  An incoming datagram
   destined to one of those groups is processed exactly the same way as
   datagrams destined to one of the host's individual addresses.

マルチキャストIPデータグラムのレセプションをサポートするなら、ホストグループ会員資格のリストを各ネットワーク・インターフェースに関連しているのに維持するためにIPモジュールを広げなければなりません。 データグラムがずっとホストの個々のアドレスの1つに運命づけられて、それらのグループの1つに運命づけられた受信データグラムはまさに同じように処理されます。

   Incoming datagrams destined to groups to which the host does not
   belong are discarded without generating any error report or log
   entry.  On hosts with more than one network interface, if a datagram
   arrives via one interface, destined for a group to which the host
   belongs only on a different interface, the datagram is quietly
   discarded.  (These cases should occur only as a result of inadequate
   multicast address filtering in a local network module.)

どんなエラー・レポートやログもエントリーであると生成しない、ホストが属しないグループに運命づけられた受信データグラムは捨てられます。 1つ以上のネットワーク・インターフェースをもっているホストの上では、データグラムがホストが異なったインタフェースだけで属するグループのために運命づけられた1つのインタフェースを通して届くなら、データグラムは静かに捨てられます。 (これらのケースは単に企業内情報通信網モジュールによる不十分なマルチキャストアドレスフィルタリングの結果、現れるはずです。)

   An incoming datagram is not rejected for having an IP time-to-live of
   1 (i.e., the time-to-live should not automatically be decremented on
   arriving datagrams that are not being forwarded).  An incoming
   datagram with an IP host group address in its source address field is
   quietly discarded.  An ICMP error message (Destination Unreachable,
   Time Exceeded, Parameter Problem, Source Quench, or Redirect) is
   never generated in response to a datagram destined to an IP host
   group.

受信データグラムは、1について生きるIP時間を持つために拒絶されません(生きるすなわち、時間は進められていない到着データグラムで自動的に減少するべきではありません)。 IPホストグループアドレスがソースアドレス・フィールドにある受信データグラムは静かに捨てられます。 ICMPエラーメッセージ(目的地Unreachable、Time Exceeded、Parameter Problem、Source Quench、またはRedirect)はIPホストグループに運命づけられたデータグラムに対応して決して生成されません。

   The list of host group memberships is updated in response to
   JoinHostGroup and LeaveHostGroup requests from upper-layer protocols.
   Each membership should have an associated reference count or similar
   mechanism to handle multiple requests to join and leave the same
   group.  On the first request to join and the last request to leave a
   group on a given interface, the local network module for that
   interface is notified, so that it may update its multicast reception
   filter (see section 7.3).

上側の層のプロトコルからのJoinHostGroupとLeaveHostGroup要求に対応してホストグループ会員資格のリストをアップデートします。 各会員資格には、同じグループに加わって、出るという複数の要求を扱う関連参照カウントか同様のメカニズムがあるべきです。 与えられたインタフェースに関するグループを出るという接合するという最初の要求と最後の要求のときに、そのインタフェースへの企業内情報通信網モジュールは通知されます、マルチキャストレセプションフィルタをアップデートできる(セクション7.3を見る)ように。

   The IP module must also be extended to implement the IGMP protocol,
   specified in Appendix I. IGMP is used to keep neighboring multicast
   routers informed of the host group memberships present on a
   particular local network.  To support IGMP, every level 2 host must
   join the "all-hosts" group (address 224.0.0.1) on each network
   interface at initialization time and must remain a member for as long
   as the host is active.

また、IGMPプロトコルを実装するためにIPモジュールを広げなければならなくて、Appendixで指定されて、I. IGMPは、ホストグループ会員資格において知識がある隣接しているマルチキャストルータを特定の企業内情報通信網に存在しているように保つのに使用されます。 IGMP、あらゆるレベル2をサポートするために、ホストが「オールホスト」グループに加わらなければならない、(アドレス、224.0、.0、.1、)、各ネットワークでは、ホストが活発である限り、メンバーは、初期化時に連結して、留まっていなければなりません。

Deering                                                         [Page 8]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[8ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   (Datagrams addressed to the all-hosts group are recognized as a
   special case by the multicast routers and are never forwarded beyond
   a single network, regardless of their time-to-live.  Thus, the all-
   hosts address may not be used as an internet-wide broadcast address.
   For the purpose of IGMP, membership in the all-hosts group is really
   necessary only while the host belongs to at least one other group.
   However, it is specified that the host shall remain a member of the
   all-hosts group at all times because (1) it is simpler, (2) the
   frequency of reception of unnecessary IGMP queries should be low
   enough that overhead is negligible, and (3) the all-hosts address may
   serve other routing-oriented purposes, such as advertising the
   presence of gateways or resolving local addresses.)

(オールホストグループに扱われたデータグラムを、特殊なものとしてマルチキャストルータで認識して、ただ一つのネットワークを超えて決して進めません、生きる彼らの時間にかかわらず。 したがって、オールホストアドレスはインターネット全体の放送演説として使用されないかもしれません。 IGMPの目的に、ホストは単に他の少なくとも1つのグループに属しますが、オールホストグループにおける会員資格が本当に必要です。 しかしながら、(1) それが、より簡単であるのでホストがいつもオールホストグループのメンバーのままで残るものとして、(2) 不要なIGMP質問のレセプションの頻度がオーバーヘッドが取るにたらないほど低いはずであり、(3) オールホストアドレスが広告などの他のルーティング指向の目的にゲートウェイかローカルのアドレスを決議する存在に役立つかもしれないと指定されます。)

7.3. Extensions to the Local Network Service Interface

7.3. 企業内情報通信網サービスインタフェースへの拡大

   Incoming local network multicast packets are delivered to the IP
   module using the same "Receive Local" operation as local network
   unicast packets.  To allow the IP module to tell the local network
   module which multicast packets to accept, the local network service
   interface is extended to provide two new operations:

入って来る企業内情報通信網マルチキャストパケットは、企業内情報通信網ユニキャストパケットと同じ「地方であることで、受信してください」操作を使用することでIPモジュールに提供されます。 IPモジュールが、どのマルチキャストパケットを受け入れたらよいかを企業内情報通信網モジュールに言うのを許容するなら、企業内情報通信網サービスインタフェースは2つの新しい操作を提供するために広げられます:

                      JoinLocalGroup  ( group-address )

JoinLocalGroup(グループアドレス)

                      LeaveLocalGroup ( group-address )

LeaveLocalGroup(グループアドレス)

   where "group-address" is an IP host group address.  The
   JoinLocalGroup operation requests the local network module to accept
   and deliver up subsequently arriving packets destined to the given IP
   host group address.  The LeaveLocalGroup operation requests the local
   network module to stop delivering up packets destined to the given IP
   host group address.  The local network module is expected to map the
   IP host group addresses to local network addresses as required to
   update its multicast reception filter.  Any local network module is
   free to ignore LeaveLocalGroup requests, and may deliver up packets
   destined to more addresses than just those specified in
   JoinLocalGroup requests, if it is unable to filter incoming packets
   adequately.

「グループアドレス」がIPホストであるところでは、アドレスを分類してください。 JoinLocalGroup操作は与えられたIPホストグループアドレスに運命づけられた次に到着しているパケットを受け入れて、引き渡すよう企業内情報通信網モジュールに要求します。 LeaveLocalGroup操作は、与えられたIPホストグループアドレスに運命づけられたパケットを引き渡すのを止めるよう企業内情報通信網モジュールに要求します。 企業内情報通信網モジュールがマルチキャストレセプションフィルタをアップデートするために必要に応じてIPホストグループアドレスを企業内情報通信網アドレスに写像すると予想されます。 どんな企業内情報通信網モジュールも、LeaveLocalGroup要求を無視するのにおいて自由であり、まさしくJoinLocalGroup要求で指定されたものより多くのアドレスに運命づけられたパケットを引き渡すかもしれません、適切に入って来るパケットをフィルターにかけることができないなら。

   The local network module must not deliver up any multicast packets
   that were transmitted from that module; loopback of multicasts is
   handled at the IP layer or higher.

企業内情報通信網モジュールはそのモジュールから伝えられたどんなマルチキャストパケットも引き渡してはいけません。 マルチキャストのループバックはIP層においてより高く扱われます。

7.4. Extensions to an Ethernet Local Network Module

7.4. イーサネット企業内情報通信網モジュールへの拡大

   To support the reception of multicast IP datagrams, an Ethernet
   module must be able to receive packets addressed to the Ethernet
   multicast addresses that correspond to the host's IP host group
   addresses.  It is highly desirable to take advantage of any address

マルチキャストIPデータグラムのレセプションをサポートするために、イーサネットモジュールはホストのIPホストグループアドレスに一致しているイーサネットマルチキャストアドレスに扱われたパケットを受けることができなければなりません。 どんなアドレスも利用するのは非常に望ましいです。

Deering                                                         [Page 9]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[9ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   filtering capabilities that the Ethernet hardware interface may have,
   so that the host receives only those packets that are destined to it.

ホストがそれに運命づけられているそれらのパケットだけを受けるようにイーサネットハードウェア・インタフェースが持っているかもしれない能力をフィルターにかけます。

   Unfortunately, many current Ethernet interfaces have a small limit on
   the number of addresses that the hardware can be configured to
   recognize.  Nevertheless, an implementation must be capable of
   listening on an arbitrary number of Ethernet multicast addresses,
   which may mean "opening up" the address filter to accept all
   multicast packets during those periods when the number of addresses
   exceeds the limit of the filter.

残念ながら、多くの現在のイーサネットインタフェースが認識するためにハードウェアを構成できるアドレスの数に小さい限界を持っています。 それにもかかわらず、実装はイーサネットマルチキャストアドレスの特殊活字の数字で聴くことができなければなりません。(アドレスはアドレスの数がフィルタの限界を超えているそれらの期間、すべてのマルチキャストパケットを受け入れるためにアドレスフィルタを「開けること」を意味するかもしれません)。

   For interfaces with inadequate hardware address filtering, it may be
   desirable (for performance reasons) to perform Ethernet address
   filtering within the software of the Ethernet module.  This is not
   mandatory, however, because the IP module performs its own filtering
   based on IP destination addresses.

不十分なハードウェア・アドレスフィルタリングとのインタフェースに関しては、イーサネットモジュールのソフトウェアの中でイーサネット・アドレスフィルタリングを実行するのは望ましいかもしれません(性能理由による)。 IPモジュールが受信者IPアドレスに基づくそれ自身のフィルタリングを実行するので、しかしながら、これは義務的ではありません。

7.5. Extensions to Local Network Modules other than Ethernet

7.5. イーサネット以外のLocal Network Modulesへの拡大

   Other multicast networks, such as IEEE 802.2 networks, can be handled
   the same way as Ethernet for the purpose of receiving multicast IP
   datagrams.  For pure broadcast networks, such as the Experimental
   Ethernet, all incoming broadcast packets can be accepted and passed
   to the IP module for IP-level filtering.  On point-to-point or
   store-and-forward networks, multicast IP datagrams will arrive as
   local network unicasts, so no change to the local network module
   should be necessary.

他のマルチキャストはIEEEなどのように802.2のネットワークをネットワークでつないで、マルチキャストIPデータグラムを受ける目的のためのイーサネットとして同じように扱うことができます。Experimentalイーサネットなどの純粋な放送網において、IP-レベルフィルタリングのためにすべての入って来る放送パケットをIPモジュールに受け入れられて、通過できます。 ポイントツーポイントか店とフォワードネットワークでは、マルチキャストIPデータグラムが企業内情報通信網ユニキャストとして届くので、企業内情報通信網モジュールへのどんな変化も必要であるべきではありません。

Deering                                                        [Page 10]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[10ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

APPENDIX I. INTERNET GROUP MANAGEMENT PROTOCOL (IGMP)

付録I.インターネット集団経営プロトコル(IGMP)

   The Internet Group Management Protocol (IGMP) is used by IP hosts to
   report their host group memberships to any immediately-neighboring
   multicast routers.  IGMP is an asymmetric protocol and is specified
   here from the point of view of a host, rather than a multicast
   router.  (IGMP may also be used, symmetrically or asymmetrically,
   between multicast routers.  Such use is not specified here.)

インターネットGroup Managementプロトコル(IGMP)は、どんなすぐに隣接しているマルチキャストルータにも彼らのホストグループ会員資格を報告するのにIPホストによって使用されます。 IGMPは非対称のプロトコルであり、ここでマルチキャストルータよりむしろホストの観点から指定されます。 (また、IGMPはマルチキャストルータの間で対称か非対称的に使用されるかもしれません。 そのような使用はここで指定されません。)

   Like ICMP, IGMP is a integral part of IP.  It is required to be
   implemented by all hosts conforming to level 2 of the IP multicasting
   specification.  IGMP messages are encapsulated in IP datagrams, with
   an IP protocol number of 2.  All IGMP messages of concern to hosts
   have the following format:

ICMPのように、IGMPはIPの不可欠の部分です。 IPマルチキャスティング仕様のレベル2に従うすべてのホストによって実装されるのにそれが必要です。 IGMPメッセージはIPデータグラムで2のIPプロトコル番号でカプセル化されます。 ホストにとって、重要なすべてのIGMPメッセージには、以下の形式があります:

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |Version| Type  |    Unused     |           Checksum            |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |                         Group Address                         |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

0 1 2 3 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ |バージョン| タイプ| 未使用| チェックサム| +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ | グループアドレス| +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

      Version

バージョン

         This memo specifies version 1 of IGMP.  Version 0 is specified
         in RFC-988 and is now obsolete.

このメモはIGMPのバージョン1を指定します。 バージョン0は、RFC-988で指定されて、現在、時代遅れです。

      Type

タイプ

         There are two types of IGMP message of concern to hosts:

ホストにとって、重要なIGMPメッセージの2つのタイプがあります:

            1 = Host Membership Query
            2 = Host Membership Report

1 =ホスト会員資格質問2=ホスト会員資格レポート

      Unused

未使用

         Unused field, zeroed when sent, ignored when received.

受け取ると無視して、送ると合わせたゼロ未使用の分野。

      Checksum

チェックサム

         The checksum is the 16-bit one's complement of the one's
         complement sum of the 8-octet IGMP message.  For computing
         the checksum, the checksum field is zeroed.

チェックサムは8八重奏のIGMPメッセージの1の補数合計の16ビットの1の補数です。 チェックサムを計算するのにおいて、チェックサム分野のゼロは合わせられています。

      Group Address

グループアドレス

         In a Host Membership Query message, the group address field

Host Membership Queryメッセージ、グループアドレス・フィールドで

Deering                                                        [Page 11]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[11ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

         is zeroed when sent, ignored when received.

送ると、受け取ると無視して、ゼロに合わせます。

         In a Host Membership Report message, the group address field
         holds the IP host group address of the group being reported.

Host Membership Reportメッセージでは、グループアドレス・フィールドは報告されるグループのIPホストグループアドレスを保持します。

Informal Protocol Description

非公式のプロトコル記述

   Multicast routers send Host Membership Query messages (hereinafter
   called Queries) to discover which host groups have members on their
   attached local networks.  Queries are addressed to the all-hosts
   group (address 224.0.0.1), and carry an IP time-to-live of 1.

マルチキャストルータはどのホストグループにメンバーが彼らの付属企業内情報通信網にいるかを発見するメッセージ(以下に、Queriesと呼ばれる)をHost Membership Queryに送ります。 質問がオールホストグループに扱われる、(アドレス、224.0、.0、.1、)、1について生きるIP時間を運んでください。

   Hosts respond to a Query by generating Host Membership Reports
   (hereinafter called Reports), reporting each host group to which they
   belong on the network interface from which the Query was received.
   In order to avoid an "implosion" of concurrent Reports and to reduce
   the total number of Reports transmitted, two techniques are used:

ホストはHost Membership Reports(以下に、Reportsと呼ばれる)を生成することによって、Queryに応じます、彼らがQueryが受け取られたネットワーク・インターフェースで属するそれぞれのホストグループを報告して。 同時発生のReportsの「内部破裂」を避けて、Reportsの総数を減少させるのは伝わって、2つのテクニックが使用されています:

      1. When a host receives a Query, rather than sending Reports
         immediately, it starts a report delay timer for each of its
         group memberships on the network interface of the incoming
         Query.  Each timer is set to a different, randomly-chosen
         value between zero and D seconds.  When a timer expires, a
         Report is generated for the corresponding host group.  Thus,
         Reports are spread out over a D second interval instead of
         all occurring at once.

1. ホストがすぐにReportsを送るよりむしろQueryを受け取るとき、それはそれぞれのグループ会員資格のために入って来るQueryのネットワーク・インターフェースにレポートディレイタイマを始動します。 各タイマはゼロとD秒の間の異なって、手当たりしだいに選ばれた値へのセットです。 タイマが期限が切れるとき、Reportは対応するホストグループのために生成されます。 したがって、Reportsはすぐにすべて起こることの代わりにD2番目の間隔にわたって広げられます。

      2. A Report is sent with an IP destination address equal to the
         host group address being reported, and with an IP
         time-to-live of 1, so that other members of the same group on
         the same network can overhear the Report.  If a host hears a
         Report for a group to which it belongs on that network, the
         host stops its own timer for that group and does not generate
         a Report for that group.  Thus, in the normal case, only one
         Report will be generated for each group present on the
         network, by the member host whose delay timer expires first.
         Note that the multicast routers receive all IP multicast
         datagrams, and therefore need not be addressed explicitly.
         Further note that the routers need not know which hosts
         belong to a group, only that at least one host belongs to a
         group on a particular network.

2. 報告される、ホストグループアドレスと等しい受信者IPアドレス、および生きるIP時間と共に1についてReportを送ります、同じネットワークに関する同じグループの他のメンバーがReportを立ち聞きできるように。 ホストがそれがそのネットワークで属するグループに関してReportを聞くなら、ホストは、そのグループのためにそれ自身のタイマを止めて、そのグループのためにReportを生成しません。 したがって、正常な場合では、1Reportだけがネットワークの現在のそれぞれのグループのために生成されるでしょう、ディレイタイマが最初に期限が切れるメンバーホストで。 マルチキャストルータがすべてのIPマルチキャストデータグラムを受けて、したがって、明らかに扱われる必要はないことに注意してください。 ルータが、どのホストがグループに属すかを知る必要はなくて、少なくとも1人のホストが特定のネットワークに関するグループに属すだけであることにさらに注意してください。

   There are two exceptions to the behavior described above.  First, if
   a report delay timer is already running for a group membership when a
   Query is received, that timer is not reset to a new random value, but
   rather allowed to continue running with its current value.  Second, a
   report delay timer is never set for a host's membership in the all-
   hosts group (224.0.0.1), and that membership is never reported.

上で説明された振舞いへの2つの例外があります。 まず最初に、Queryが受け取られているとき、レポートディレイタイマが既にグループ会員資格に立候補しているなら、そのタイマは、新しい無作為の値にリセットされませんが、現行価値と共にむしろ稼働し続けることができます。 2番目に、レポートディレイタイマが決してオールホストグループにおけるホストの会員資格のためのセットでない、(224.0 .0 .1) そして、会員資格は決して報告されません。

Deering                                                        [Page 12]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[12ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

   If a host uses a pseudo-random number generator to compute the
   reporting delays, one of the host's own individual IP address should
   be used as part of the seed for the generator, to reduce the chance
   of multiple hosts generating the same sequence of delays.

ホストが報告遅れを計算するのに疑似乱数生成器を使用するなら、ホストの自己の個々のIPアドレスの1つは、複数のホストが遅れの同じ系列を生成するという可能性を小さくするのにジェネレータのための種子の一部として使用されるべきです。

   A host should confirm that a received Report has the same IP host
   group address in its IP destination field and its IGMP group address
   field, to ensure that the host's own Report is not cancelled by an
   erroneous received Report.  A host should quietly discard any IGMP
   message of type other than Host Membership Query or Host Membership
   Report.

ホストは、容認されたReportがホストの自身のReportが誤った容認されたReportによって取り消されないのを保証するためにIPあて先フィールドとそのIGMPグループアドレス・フィールドに同じIPホストグループアドレスを持っていると確認するべきです。 ホストは静かにHost Membership QueryかHost Membership Report以外のタイプに関するどんなIGMPメッセージも捨てるべきです。

   Multicast routers send Queries periodically to refresh their
   knowledge of memberships present on a particular network.  If no
   Reports are received for a particular group after some number of
   Queries, the routers assume that that group has no local members and
   that they need not forward remotely-originated multicasts for that
   group onto the local network.  Queries are normally sent infrequently
   (no more than once a minute) so as to keep the IGMP overhead on hosts
   and networks very low.  However, when a multicast router starts up,
   it may issue several closely-spaced Queries in order to build up its
   knowledge of local memberships quickly.

マルチキャストルータは、特定のネットワークの現在の会員資格に関する彼らの知識をリフレッシュするために定期的にQueriesを送ります。 Queriesの何らかの数の後に特定のグループのためにReportsを全く受け取らないなら、ルータは、そのグループには地元会員が全くいないで、また彼らがどんな前進の離れて溯源されたマルチキャストも企業内情報通信網へのそのグループに必要としないと仮定します。 通常、ホストとネットワークのIGMPオーバーヘッドを非常に低く保つために質問をまれに(かつての1分だけ)送ります。 しかしながら、マルチキャストルータが始動すると、それは、急速に地方の会員資格に関する知識を確立するために数個の密接に区切られたQueriesを発行するかもしれません。

   When a host joins a new group, it should immediately transmit a
   Report for that group, rather than waiting for a Query, in case it is
   the first member of that group on the network.  To cover the
   possibility of the initial Report being lost or damaged, it is
   recommended that it be repeated once or twice after short delays.  (A
   simple way to accomplish this is to act as if a Query had been
   received for that group only, setting the group's random report delay
   timer.  The state transition diagram below illustrates this
   approach.)

ホストがすぐに新しいグループに加わるとき、そのグループのためにQueryを待っているよりむしろReportを伝えるべきです、それが第1代ネットワークに関するそのグループのメンバーであるといけないので。 なくされているか、または破損する初期のReportの可能性をカバーするために、それが少し遅れの後に一度か二度繰り返されるのは、お勧めです。 (これを達成する簡単な方法はまるでそのグループだけのためにQueryを受け取ったかのように行動することです、グループの無作為のレポートディレイタイマを設定して。 以下の状態遷移ダイヤグラムはこのアプローチを例証します。)

   Note that, on a network with no multicast routers present, the only
   IGMP traffic is the one or more Reports sent whenever a host joins a
   new group.

唯一のIGMPトラフィックが存在しているマルチキャストルータのないネットワークのホストが新しいグループに加わるときはいつも、送られた1Reportsであることに注意してください。

State Transition Diagram

状態遷移ダイヤグラム

   IGMP behavior is more formally specified by the state transition
   diagram below.  A host may be in one of three possible states, with
   respect to any single IP host group on any single network interface:

IGMPの振舞いは以下の状態遷移ダイヤグラムで、より正式に指定されます。 ホストは3つの可能な州の1つにいるかもしれません、どんな単一のネットワーク・インターフェースに関するどんなただ一つのIPホストグループに関しても:

      - Non-Member state, when the host does not belong to the group
        on the interface.  This is the initial state for all
        memberships on all network interfaces; it requires no storage
        in the host.

- ホストが属さないとき、非加盟国であり、インタフェースに関するグループに属してください。 これはすべてのネットワーク・インターフェースのすべての会員資格のための初期状態です。 それはホストでストレージを全く必要としません。

Deering                                                        [Page 13]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[13ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

      - Delaying Member state, when the host belongs to the group on
        the interface and has a report delay timer running for that
        membership.

- ホストがインタフェースに関するグループに属して、レポートディレイタイマをその会員資格に立候補させるとき、メンバー状態を遅らせます。

      - Idle Member state, when the host belongs to the group on the
        interface and does not have a report delay timer running for
        that membership.

- メンバー状態を空費してください、ホストがインタフェースに関するグループに属して、レポートディレイタイマをその会員資格に立候補させないとき。

   There are five significant events that can cause IGMP state
   transitions:

IGMPに状態遷移を引き起こす場合がある5回の重大な行事があります:

      - "join group" occurs when the host decides to join the group on
        the interface.  It may occur only in the Non-Member state.

- ホストが、インタフェースに関するグループに加わると決めると、「グループに加わってください」は起こります。 それはNon-加盟国だけで起こるかもしれません。

      - "leave group" occurs when the host decides to leave the group
        on the interface.  It may occur only in the Delaying Member
        and Idle Member states.

- ホストが、インタフェースで仲間から抜けると決めると、「休暇は分類すること」が起こります。 それはDelayingメンバーとIdleメンバー州だけに起こるかもしれません。

      - "query received" occurs when the host receives a valid IGMP
        Host Membership Query message.  To be valid, the Query message
        must be at least 8 octets long, have a correct IGMP
        checksum and have an IP destination address of 224.0.0.1.
        A single Query applies to all memberships on the
        interface from which the Query is received.  It is ignored for
        memberships in the Non-Member or Delaying Member state.

- ホストが有効なIGMP Host Membership Queryメッセージを受け取るとき、「質問は受信したこと」が起こります。 .1に有効です、長い間Queryメッセージが少なくとも8つの八重奏であるに違いないということであり、正しいIGMPチェックサムを持っていて、224.0の受信者IPアドレスが.0を持つように 独身のQueryはQueryが受け取られているインタフェースのすべての会員資格に適用します。 それはNon-メンバーかDelayingメンバー状態の会員資格のために無視されます。

      - "report received" occurs when the host receives a valid IGMP
        Host Membership Report message.  To be valid, the Report
        message must be at least 8 octets long, have a correct IGMP
        checksum, and contain the same IP host group address in its IP
        destination field and its IGMP group address field.  A Report
        applies only to the membership in the group identified by the
        Report, on the interface from which the Report is received.
        It is ignored for memberships in the Non-Member or Idle Member
        state.

- ホストが有効なIGMP Host Membership Reportメッセージを受け取るとき、「レポートは受信したこと」が起こります。 Reportメッセージは、IPあて先フィールドとそのIGMPグループアドレス・フィールドに長い間の少なくとも8つの八重奏であり、正しいIGMPチェックサムを持っていて、有効に、なるように同じIPホストグループアドレスを保管しなければなりません。 ReportはReportによって特定されたグループで会員資格だけに適用します、Reportが受け取られているインタフェースで。 それはNon-メンバーかIdleメンバー状態の会員資格のために無視されます。

      - "timer expired" occurs when the report delay timer for the
        group on the interface expires.  It may occur only in the
        Delaying Member state.

- インタフェースに関するグループのためのレポートディレイタイマが期限が切れると、「タイマは期限が切れたこと」が起こります。 それはDelayingメンバー状態だけに起こるかもしれません。

   All other events, such as receiving invalid IGMP messages, or IGMP
   messages other than Query or Report, are ignored in all states.

QueryかReport以外の無効のIGMPメッセージ、またはIGMPメッセージを受け取ることなどの他のすべてのイベントがすべての州で無視されます。

   There are three possible actions that may be taken in response to the
   above events:

上のイベントに対応して取られるかもしれない3つの可能な行動があります:

      - "send report" for the group on the interface.

- インタフェースに関するグループのための「レポートを送ってください。」

Deering                                                        [Page 14]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[14ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

      - "start timer" for the group on the interface, using a random
        delay value between 0 and D seconds.

- 無作為の遅れ値を0とD秒の間使用するインタフェースに関するグループのための「タイマを始動してください。」

      - "stop timer" for the group on the interface.

- インタフェースに関するグループのための「タイマを止めてください。」

   In the following diagram, each state transition arc is labelled with
   the event that causes the transition, and, in parentheses, any
   actions taken during the transition.

以下のダイヤグラムで、それぞれの状態遷移アークはそして括弧(変遷の間に取られたどんな行動)で変遷を引き起こすイベントでラベルされます。

                              ________________
                             |                |
                             |                |
                             |                |
                             |                |
                   --------->|   Non-Member   |<---------
                  |          |                |          |
                  |          |                |          |
                  |          |                |          |
                  |          |________________|          |
                  |                   |                  |
                  | leave group       | join group       | leave group
                  | (stop timer)      |(send report,     |
                  |                   | start timer)     |
          ________|________           |          ________|________
         |                 |<---------          |                 |
         |                 |                    |                 |
         |                 |<-------------------|                 |
         |                 |   query received   |                 |
         | Delaying Member |    (start timer)   |   Idle Member   |
         |                 |------------------->|                 |
         |                 |   report received  |                 |
         |                 |    (stop timer)    |                 |
         |_________________|------------------->|_________________|
                                timer expired
                                (send report)

________________ | | | | | | | | --------->| 非会員| <、-、-、-、-、-、-、-、--、|、|、|、|、|、|、|、|、|、|、|、|、| |________________| | | | | | グループを出てください。| グループに加わってください。| グループを出てください。| (停止タイマ) |(| | | レポート、スタートタイマを送ります) | ________|________ | ________|________ | | <、-、-、-、-、-、-、-、--、|、|、|、|、|、|、| | <、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、--、|、|、|、| 質問は受信されました。| | | メンバーを遅らせます。| (スタートタイマ) | 活動していないメンバー| | |、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、--、>|、|、|、| レポートは受信されました。| | | | (停止タイマ) | | |_________________|、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、-、--、>|_________________| タイマは期限が切れました。(レポートを送ります)

   The all-hosts group (address 224.0.0.1) is handled as a special case.
   The host starts in Idle Member state for that group on every
   interface, never transitions to another state, and never sends a
   report for that group.

224.0を扱ってください。オールホストが分類する、(.0 .1は)特殊なものとして扱われます。 ホストは、あらゆるインタフェースに関するそのグループのためにIdleメンバー状態で始まって、別の状態に決して移行しないで、またそのグループのためにレポートを決して送りません。

Protocol Parameters

プロトコルパラメタ

   The maximum report delay, D, is 10 seconds.

最大のレポート遅れ(D)は10秒です。

Deering                                                        [Page 15]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[15ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

APPENDIX II. HOST GROUP ADDRESS ISSUES

付録II。 ホストグループアドレス問題

   This appendix is not part of the IP multicasting specification, but
   provides background discussion of several issues related to IP host
   group addresses.

この付録は、IPマルチキャスティング仕様の一部ではありませんが、IPホストグループアドレスに関連するいくつかの問題のバックグラウンド議論を提供します。

Group Address Binding

グループアドレス結合

   The binding of IP host group addresses to physical hosts may be
   considered a generalization of the binding of IP unicast addresses.
   An IP unicast address is statically bound to a single local network
   interface on a single IP network.  An IP host group address is
   dynamically bound to a set of local network interfaces on a set of IP
   networks.

物理ホストへのIPホストグループアドレスの製本はIPユニキャストアドレスの製本の一般化であると考えられるかもしれません。 IPユニキャストアドレスはただ一つのIPネットワークで静的に単一の企業内情報通信網インタフェースに縛られます。 IPホストグループアドレスは1セットのIPネットワークでダイナミックに1セットの企業内情報通信網インタフェースに縛られます。

   It is important to understand that an IP host group address is NOT
   bound to a set of IP unicast addresses.  The multicast routers do not
   need to maintain a list of individual members of each host group.
   For example, a multicast router attached to an Ethernet need
   associate only a single Ethernet multicast address with each host
   group having local members, rather than a list of the members'
   individual IP or Ethernet addresses.

IPホストグループアドレスが1セットのIPユニキャストアドレスに縛られないのを理解しているのは重要です。 マルチキャストルータはそれぞれのホストグループの個人会員のリストを維持する必要はありません。 例えば、イーサネットに付けられたマルチキャストルータはメンバーの個々のIPかイーサネット・アドレスのリストよりむしろ地元会員がいるそれぞれのホストグループにただ一つのイーサネットマルチキャストアドレスだけを関連づけなければなりません。

Allocation of Transient Host Group Addresses

一時的なホストグループアドレスの配分

   This memo does not specify how transient group address are allocated.
   It is anticipated that different portions of the IP transient host
   group address space will be allocated using different techniques.
   For example, there may be a number of servers that can be contacted
   to acquire a new transient group address.  Some higher-level
   protocols (such as VMTP, specified in RFC-1045) may generate higher-
   level transient "process group" or "entity group" addresses which are
   then algorithmically mapped to a subset of the IP transient host
   group addresses, similarly to the way that IP host group addresses
   are mapped to Ethernet multicast addresses.  A portion of the IP
   group address space may be set aside for random allocation by
   applications that can tolerate occasional collisions with other
   multicast users, perhaps generating new addresses until a suitably
   "quiet" one is found.

このメモは、グループアドレスがどれくらい一時的であるかを割り当てた状態で指定しません。 IPの一時的なホストグループアドレス空間の異なった部分が異なったテクニックを使用することで割り当てられると予期されます。 例えば、新しい一時的なグループアドレスを習得するために連絡できる多くのサーバがあるかもしれません。 いくつかの上位レベル・プロトコル(RFC-1045で指定されたVMTPなどの)が、より高いレベルが次にalgorithmicallyに一時的なホストグループが同様にIPホストグループアドレスがイーサネットマルチキャストアドレスに写像される方法に演説するIPの部分集合に写像される一時的な「プロセスグループ」か「実体グループ」アドレスであると生成するかもしれません。 IPグループアドレス空間の部分は他のマルチキャストユーザとの時々の衝突を許容できるアプリケーションによる無作為の配分のためにかたわらに置かれるかもしれません、適当に「静かな」ものが見つけられるまで恐らく新しいアドレスを作って。

   In general, a host cannot assume that datagrams sent to any host
   group address will reach only the intended hosts, or that datagrams
   received as a member of a transient host group are intended for the
   recipient.  Misdelivery must be detected at a level above IP, using
   higher-level identifiers or authentication tokens.  Information
   transmitted to a host group address should be encrypted or governed
   by administrative routing controls if the sender is concerned about
   unwanted listeners.

一般に、ホストは、どんなホストグループアドレスにも送られたデータグラムが意図しているホストだけに届くか、または一時的なホストグループのメンバーとして受け取られたデータグラムが受取人のために意図すると仮定できません。 よりハイレベルの識別子か認証トークンを使用して、IPの上にレベルで配達ミスを検出しなければなりません。 送付者が求められていないリスナーに関して心配しているなら、ホストグループアドレスに伝えられた情報は、管理ルーティングコントロールで暗号化されるべきであるか、または支配されるべきです。

Deering                                                        [Page 16]

RFC 1112          Host Extensions for IP Multicasting        August 1989

デアリング[16ページ]RFC1112はマルチキャスティング1989年8月にIPのために拡大を主催します。

Author's Address

作者のアドレス

   Steve Deering
   Stanford University
   Computer Science Department
   Stanford, CA 94305-2140

スティーブ・デアリングスタンフォード大学のコンピュータサイエンス部のスタンフォード、カリフォルニア94305-2140

   Phone: (415) 723-9427

以下に電話をしてください。 (415) 723-9427

   EMail: deering@PESCADERO.STANFORD.EDU

メール: deering@PESCADERO.STANFORD.EDU

Deering                                                        [Page 17]

デアリング[17ページ]

スポンサーリンク

一覧

 RFC 1〜100  RFC 1401〜1500  RFC 2801〜2900  RFC 4201〜4300 
 RFC 101〜200  RFC 1501〜1600  RFC 2901〜3000  RFC 4301〜4400 
 RFC 201〜300  RFC 1601〜1700  RFC 3001〜3100  RFC 4401〜4500 
 RFC 301〜400  RFC 1701〜1800  RFC 3101〜3200  RFC 4501〜4600 
 RFC 401〜500  RFC 1801〜1900  RFC 3201〜3300  RFC 4601〜4700 
 RFC 501〜600  RFC 1901〜2000  RFC 3301〜3400  RFC 4701〜4800 
 RFC 601〜700  RFC 2001〜2100  RFC 3401〜3500  RFC 4801〜4900 
 RFC 701〜800  RFC 2101〜2200  RFC 3501〜3600  RFC 4901〜5000 
 RFC 801〜900  RFC 2201〜2300  RFC 3601〜3700  RFC 5001〜5100 
 RFC 901〜1000  RFC 2301〜2400  RFC 3701〜3800  RFC 5101〜5200 
 RFC 1001〜1100  RFC 2401〜2500  RFC 3801〜3900  RFC 5201〜5300 
 RFC 1101〜1200  RFC 2501〜2600  RFC 3901〜4000  RFC 5301〜5400 
 RFC 1201〜1300  RFC 2601〜2700  RFC 4001〜4100  RFC 5401〜5500 
 RFC 1301〜1400  RFC 2701〜2800  RFC 4101〜4200 

スポンサーリンク

<KBD> キーボード入力される文字であることを示す

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る