SQLの概要、区分け

データベース操作を行う際に使用するSQL(Structured Query Language)は以下に大きくDDL、DCL、DMLの3つに分けることができる。

DDL(Data Definition Language:データ定義言語)

データベース、テーブル、ビューなどメタデータ構造を定義する言語

  • CREATE テーブルなどの作成
  • DROP テーブルなどの削除
  • ALTER テーブルなどの変更
  • RENAME テーブルなどの名称変更
  • TRUNCATE レコードの切り捨て
  • COMMENT コメント

DCL(Data Control Language:データ制御言語)

権限や、トランザクションなどを制御する言語

権限

  • GRANT 権限付与
  • REVOKE 権限削除

トランザクション

  • BEGIN トランザクションの開始
  • COMMIT トランザクションの確定
  • ROLLBACK トランザクションの放棄

DML(Data Manipulation Language:データ操作言語)

データの検索、更新、削除などをするための言語

  • SELECT レコードの参照
  • INSERT レコードの挿入
  • UPDATE レコードの変更
  • DELETE レコードの削除
  • MERGE レコードの挿入と更新

DDL、DCL、DML

DDLDCLDML
CREATEテーブルなどの作成権限GRANT権限付与SELECTレコードの参照
DROPテーブルなどの削除REVOKE権限削除INSERTレコードの挿入
ALTERテーブルなどの変更トランザクションBEGINトランザクションの開始UPDATEレコードの変更
RENAMEテーブルなどの名称変更COMMITトランザクションの確定DELETEレコードの削除
TRUNCATEレコードの切り捨てROLLBACKトランザクションの放棄MERGEレコードの挿入と更新
COMMENTコメント

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

uudecode エンコードされているファイルを復元する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る