@Vault Folder @ボールトフォルダー

Rainmeter encourages people to create and distribute their own skins, either created from scratch or modified from other skins you may download and install. In order to facilitate this for authors, Rainmeter supports an @Vault folder located in the Skins folder of your Rainmeter installation.Rainmeterは、スクラッチから作成されたもの、またはダウンロードしてインストールすることができる他のスキンから変更されたもののいずれかで、独自のスキンを作成して配布することを推奨します。作者のためにこれを容易にするために、RainmeterはあなたのRainmeterインストールのSkinsフォルダにある@Vaultフォルダをサポートします。

The purpose of the @Vault folder is to have a standard, central place to store things you might want to use when creating your own .rmskins for distribution. Primarily this will be 3rd-party plugins, but it can be fonts or sounds or images or anything else that you want to "keep handy" to help you create skin distributions.@Vaultフォルダの目的は、配布用に独自の.rmskinsを作成するときに使用する必要があるものを格納するための標準的な中央の場所を確保することです。主にこれはサードパーティ製のプラグインになるでしょうが、それはあなたがスキンディストリビューションを作成するのを手助けするために「便利にしておきたい」フォント、サウンドまたはイメージまたは他の何かであることができます。

Storing 3rd-party Rainmeter plugins他社製のRainmeterプラグインを保存する

Automatically自動的に

By default, the Skin Installer for Rainmeter will automatically store both 32bit and 64bit versions of any plugins that are installed on your system by a .rmskin. These will be stored in @Vault\Plugins. The plugin will be stored there in a subfolder with the plugin version number (if there is one) and the name of the plugin .dll file.

So for instance:デフォルトでは、Rainmeterのスキンインストーラは、.rmskinによってシステムにインストールされているすべてのプラグインの32ビット版と64ビット版の両方を自動的に保存します。これらは@ Vault \ Pluginsに格納されます。プラグインは、プラグインのバージョン番号(ある場合)とプラグインの.dllファイルの名前を含むサブフォルダに格納されます。

だから例えば:

..Documents\Rainmeter\Skins\@Vault\Plugins\CursorColor\1.3.0.0\32bit\CursorColor.dll
..Documents\Rainmeter\Skins\@Vault\Plugins\CursorColor\1.3.0.0\64bit\CursorColor.dll

If a newer version of a plugin is installed by a .rmskin, a second folder will be created with the new version number. Both versions will be kept.プラグインの新しいバージョンが.rmskinによってインストールされている場合は、新しいバージョン番号を使用して2番目のフォルダが作成されます。両方のバージョンが保持されます。

The benefit this brings is that when you are creating a .rmskin, and need both 32bit and 64bit versions of a plugin .dll, You know right where to find them.これがもたらす利点は、あなたが.rmskinを作成していて、プラグイン.dllの32ビット版と64ビット版の両方を必要とするとき、あなたはそれらを見つけるための正しい場所を知っているということです。

In the past, if you installed a .rmskin with a 3rd-party plugin, and you later wanted to use that plugin in a skin you are distributing, you either had to depend on the skin author to provide the 32bit and 64bit versions of the plugin somewhere in the skin folders, or rename the .rmskin to .zip and extract the plugin .dll files manually. You also needed to be careful that you kept track of the latest version of the plugin, as there may be different versions in different .rmskin files over time.以前は、サードパーティ製のプラグインと共に.rmskinをインストールし、後でそのプラグインを配布しているスキンで使用したい場合は、スキン作成者に依存して32ビット版と64ビット版を提供する必要がありました。スキンフォルダのどこかにプラグインするか、.rmskinの名前を.zipに変更してプラグインの.dllファイルを手動で抽出します。時間の経過とともに異なる.rmskinファイルには異なるバージョンが存在する可能性があるため、プラグインの最新バージョンを追跡するように注意する必要がありました。

Now, if you ever install a .rmskin with a 3rd-party plugin, you automatically have a known place to find the latest version of the 32bit and 64bit .dll files. Simply browse to @Vault when you are creating your .rmskin, and find the latest version of the .dll files you need.これで、サードパーティのプラグインを使って.rmskinをインストールしたことがある場合は、32ビットおよび64ビットの.dllファイルの最新バージョンを見つけるための既知の場所が自動的に見つかります。.rmskinを作成するときに@Vaultを参照して、必要な.dllファイルの最新バージョンを見つけてください。

Manually手動で

No doubt you have installed .rmskins in the past that had 3rd-party plugins in them. While the single appropriate 32bit or 64bit version of the plugin .dll file was installed in your Rainmeter, you might want to store those plugins in @Vault for future use. That is easy to do.間違いなく、サードパーティ製のプラグインが含まれていた.rmskinsを過去にインストールしたことがあります。適切な1つの32ビットまたは64ビットバージョンのプラグイン.dllファイルがRainmeterにインストールされていますが、将来の使用に備えてこれらのプラグインを@Vaultに保存することをお勧めします。それは簡単です。

Simply find and install the .rmskin again. However, there is no need to actually "install" anything. The plugin or the skin itself. Simply uncheck all the boxes in the Skin Installer dialog, for the skin name(s), the plugin name(s) and "Load included skins"..rmskinをもう一度見つけてインストールしてください。しかし、実際に何かを「インストール」する必要はありません。プラグインまたはスキン自体。スキンインストーラダイアログで、スキン名、プラグイン名、および「含まれているスキンを読み込む」のチェックボックスをすべてオフにします。

When you click on the Install button in the dialog, nothing will actually be installed, but the plugin .dll files will be properly stored in the @Vault\Plugins folder. Do this with any .rmskins you have created or downloaded in the past, and you will have a central, reliable, current, storehouse of all the 3rd-party plugins you may want to use in the future.

Storing other resources他のリソースを保管する

The @Vault folder can also be used as a general purpose storehouse for other resources you might use in your skins. For instance, you might have a particular font file that you like to use in your skins, or some .wav sound files, weather icon .png files, or even snippets of Lua code you want to reuse.

While you must include these things in the skin folders you create for distribution in your .rmskin, the @Vault folder does offer a place to keep copies of things like this you use all the time and want to "keep handy"..rmskinの配布用に作成するスキンフォルダにこれらのものを含める必要がありますが、@ Vaultフォルダには、常に使用している「便利にしておきたい」ようなもののコピーを保存するための場所があります。

Simply create folders with any names you like under the @Vault folder to store these items.これらのアイテムを保存するには、@ Vaultフォルダの下に好きな名前のフォルダを作成するだけです。

..Documents\Rainmeter\Skins\@Vault\MyFonts\FiraSans.ttf
..Documents\Rainmeter\Skins\@Vault\MySounds\Alarm.wav
..Documents\Rainmeter\Skins\@Vault\MyLuaScripts\ConvertFtoC.lua

スポンサーリンク

スポンサーリンク

!=演算子 等しくない

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る